名刺の歴史について

世界各国のビジネスシーンでは欠かせなくなっている「名刺」ですが、そもそもいつから名刺が始まったのか気になりませんか?そんな名刺の歴史を紹介していきたいと思います。

始めに名刺が登場したのは、7~10世紀頃の中国が発祥だと言われています。さすが中国ですよね。いろいろな道具の発祥も意外に中国だったという事、多いですよね。中国の唐の時代に訪れた先が留守だった時に、自分の名前を竹の札に書いた事が期限だといわれています。他にも大切な行事に欠席する場合にも同じく名前入りの竹の札が活用されたそうです。

それからだいぶたって16世紀にヨーロッパでビジネスシーンで使われているような名刺が登場します。
中国では留守の時や欠席時にアピールする為でしたが、ヨーロッパでは社交界で名刺があったそうです。
その時に使用されていたヨーロッパでの名刺は、銅版画を入れた名刺が多く、今みたいに華やかなものではなく、シンプルな名刺が多く出回っていたようです。
サイズ的には今の名刺と変わらない大きさです。

それから18世紀にアメリカのビジネスシーンで使われるようになり、次第に日本のビジネスでも名刺が使われるようになりました
名刺は世界各国でも共通するビジネスアイテムです。みなさんも、自分の名刺って持っていますか?最近では、ビジネスマンだけの間だけでなく、主婦や子育てしているママさんの間でも名刺交換は行われるようになっています。

自分をアピールするにはとても便利で簡単なアイテムが名刺ですよね。

 

名刺の持つ意味と目的

名刺はビジネスシーンで必ずといって良い程必要となり、社会人であれば当り前のように使われているアイテムです。名刺を使う目的は、まず一つ目に自分の情報を正確に伝えることです。情報とは氏名、身分、アドレスや連絡先など最も基本的な情報となります。二つ目に、人脈のきっかけ作りが挙げられます。会社で優秀な成績を収めるビジネスマンは、幅広い人脈を持ちます。人脈は仕事を成功させるチャンスのきっかけとなることもあるため、優秀なビジネスマンは積極的に名刺交換を行っています。

他の分野の方との交流や幅広い年代の方との交流は仕事のみならずプライベートでも味方となり、力になってくれるでしょう。三つ目はスムーズな仕事を送るためです仕事ではまず、商談や面接など、外部の方とコンタクトする際にはお互いの名前、身分などの情報交換から始まるため、必要な情報とされる社名、身分、氏名、電話番号、メールアドレス、勤務地などを記載しておかなければなりません。

名刺には様々なデザインがありますが、オリジナリティのある工夫をし、印象に残りやすくすることが重要となります

 

名刺や名刺のデザインがビジネスパーソンにとっては一つの個性

社会人になると名刺交換の場面が多くあります。通常は取引相手や社外の人で何らかの接点を持つ人への最初のあいさつのときに渡すことが多いのではないでしょうか。しかし、普通の名刺では最初のあいさつの時に自己紹介として渡した後は、そのまま相手の名刺収納ケースに入れられて忘れ去られてしまいます。その後継続的な取引がある場合や頻繁に会う機会がある場合はそれでよいのかもしれませんが、営業などをしている人にとってはそれでは名刺の意味をなしません。相手にいかに印象付けるかということが重要です。そのために名刺のデザインはとても重要なものになると思います。

よく見かけるものは白地に名前や会社名、役職等が黒で印字されており、会社のロゴや名称に色が使われているものが一般的です。それでは他と同じで、その人に相当なインパクトがない限り相手の印象に残りません。しかし、普通の名刺と異なる色や形、紙の質、手触りが違っていたりするとそれだけで目を引きます。名刺のデザインがおしゃれだとそれだけで印象に残ることもあるしょう。普通にデザインされたものを渡すより印象付けることが出来ると思います。名刺はビジネスパーソンにとってビジネスツールの一つとして重要な役割をはたすものだと思います。他と違う名刺を持つのも個性があってよいのではないかと思います。

名刺はどんな場所で作れるのか?

自分の名刺欲しいですよね。ビジネスマンだけでなく、主婦の中でも名刺を持っている人はたくさんいますよね。

パソコン名刺はインターネットのショップや、実店舗でも作る事ができます。印刷専門店でも名刺は作る事ができますよね。ですが、パソコンを持っていれば作る事ができるってしっていましたか?
パソコン内にあるWordを使って名刺を簡単に作る事ができるのです。シンプルなものからカラフルなおしゃれな名刺までさまざまな名刺が作れます。Word以外にも名刺用の用紙を準備する事も忘れないでくださいね。プリンターがあれば全て家で完成します。

Wordのいろいろな使い方の知識が必要になってきますが、インターネットで「Word 名刺の作り方」などで検索すれば説明を見る事ができます。画像付きでの説明なので初心者でも楽に名刺を作る事ができます。
自分用の名刺を持っているだけでも友達が作れますし、たった一つしかない名刺なので良い気分にもなれますよね。

名刺はビジネスシーンだけでなく、いろいろな場所でも活躍してくれるアイテムです。自分をアピールするには名刺一つでも十分相手に伝わります。仕事面以外でも私生活でも名刺は活躍してくれる、昔から使われている画期的なアピール方法ではないでしょうか。

 

名刺を安く、キレイに印刷するために

会社の経費削減は、いまでは常識です。無駄をなくしてスリムな経営をするのが優良な会社のスタイルです。ただ、無駄をなくすといっても削減できないものもあります。会社の社員の名刺などは、必要なもののひとつですが、製作する代金もたくさん作れば、それなりの経費負担になります。いままでの印刷業者などに注文していたものとグレードを変えずに、なるべく低価格で高品質に印刷されたものなら経費負担を軽減できます。そのようなニーズに応えるのが、低価格で高品質な印刷を可能にしているWeb通販サイトです。

利用方法は、サイトに用意されたバラエティーに富んだ数多くのテンプレートの中から会社のイメージに合った好みのものを選び、会社名、部署、名前、電話など必要な項目を入力するだけでWEB上で簡単に注文が可能です。印刷業者などで用いるオフセット印刷は、高品質で綺麗な仕上がりの印刷ですが、価格は高くなります。Web通販サイトでは、コスト削減のためにオンデマンド印刷機を用いることでオフセット印刷に迫る高品質な印刷を可能にしています。

また、会社のようなオフィシャルな使用とは違い、プライベートな場面でも自己紹介などで名刺を使用することもあり、個人で注文する場合でもWeb通販サイトなら印刷枚数が少なくても低価格なため利用しやすいメリットがあります。

 

名刺を作成する際のポイント

名刺作成のポイントは、まず名前がわかりやすいことです。大きく太い字が読みやすい。小さくて細い字ははっきり言って、他の名刺に混じってしまうとわからなくなります。相手にどういう印象を与えたいかで文字フォントを検討しましょう。きっちりとした印象であればゴジックが良いです。しかし、やわらかい、やさしい印象を与えたいと思えば、ポップ体がおすすめです。ただ、そういう字体は稚拙に見えることもあるため、慎重に選びましょう。

電話番号が大きいのは、連絡しようと思わせるのにとても有効です。連絡したいと思ったときに、名刺に大きく電話番号が載っている名刺はとてもありがたいです。特に年齢を重ねてくると、数字が読みにくくなる。3と8の区別がしにくくなるので大きい文字であるとそういう不便さを感じさせなくなります。

そういう見る人にやさしい名刺は、よい印象を与えます。そして、会社のイメージもよくなります。ちょっとした配慮の積み重ねが成功の鍵ではないでしょうか。

なんでビジネスマンは名刺を持っているのか?

名刺多くのビジネスマンが自分をアピールしたり、自己紹介する際に活用するのが、「名刺」ですよね。なぜ、名刺が必要なのでしょうか。調べてみました。

そもそも名刺の目的としてはいろいろな理由があります。まずは、知り合いを増やす為、パートナーを探す目的、仕事を円滑に進めるなど。目的はそれぞれ違いがありますが、理由があります。

名刺はいろいろな場所で交換されますよね。みなさんも、セールスマンや初めて会った人から名刺を渡される機会もあるのではないでしょうか。そこで貰った名刺や、実際に自分が名刺を見る機会が多い人は気づくと思いますが、名刺にはいろいろな種類がありますよね。
名刺で以外にもできる人なのか、できないビジネスマンなのかわかると言われています。簡単に言えば、良い名刺を持っている人はできるビジネスマンだと言われています。

自分が貰うと目をひく名刺を持っている人には、少なからずシンプルな名刺よりも目を引きますよね。可愛い名刺であったり目をひくような名刺は企業名やその人も名前も覚えたという傾向が高いようです。
そんな名刺は、企業名や担当者名などいろいろな情報が見た目でわかります。ビジネスマンの間で名刺は、必要不可欠な必ず相手に受け取ってもらえる名刺なのです。活動する為には必要不可欠なビジネスアイテムとなっています。

現代では、インターネットでもおしゃれな名刺や格安名刺が作れますよね。会社が準備する名刺もありますが、他の人とは違う名刺を持っているという人は周りの人より1歩上をいくビジネスマンではないでしょうか。

 

社会人と名刺について

 

社会に出て働くようになると色々な物が必要になってきます。特に外回りに出る事の多い営業さんや渉外や総務と言った人と接する事の多い人は沢山の名刺が必要となります。今までの名刺は相手に自分の立場を紹介するだけですが近年の名刺事情は大きく変わりつつあります。

なぜ大きく変わりつつあるのかと言いますとパソコンとインターネットの普及によって簡単に自分で名刺やカードが作れるようになったからです。一昔前は会社で配られる物でしたが今では簡単に自分で作る事が出来、自分で作れるという事は今までの名刺とは違う個性のあるものを作る事が可能になりました。営業や渉外にとって大事な事はビジネス相手に如何に自分を売り込めるかに掛かっています。

単に名刺を渡すだけでは相手に伝わる事は中々難しい、そういう事情から名刺も個性をつけたり一緒にカードを渡す事によって他の人とは違うという事をアピール出来ます。ビジネス相手にちょっと違うなと思わせるだけでも効果があると言え、最近の若いビジネスマンはカードをこうやって活用する人が増えています。今現在営業で何かアピールを強くしたいと考えている人がいたら試しに名刺に少し工夫をして渡してみても良いのではと思います。

 

名刺はビジネスマンのマストアイテムです。

 

日本のビジネスマンの仕事にとって欠かす事のできないのが名刺です。仕事に先立ち必ず行われるのが名刺交換です。この交換にも決まりがあり、失礼のないようにしたほうがスムースに今後の仕事ができるようになります。営業職の場合には、人に合うことが仕事なので名刺は沢山もっていなければなりません。会社で支給される場合がほとんどで、社章が入りレイアウトや字体まで決まっている場合が多くあります。

小さな会社などでは、自分で作る場合があります。そのため名刺用のプリンタ用紙が多くの種類販売されています。そして名刺印刷のソフトもあるので、自分で楽しみながら造ることができます。最近では省エネのためでしょうか、紙質が薄いものが好まれているようです。

そして、写真入りやQRコードなどをつけたものも見られます。個性溢れる名刺ですが、こまめな管理が必要で、ちょっとさぼってしまうと整理が大変です。新しく名刺をもらったら、その日のうちにパソコンで整理をしておきましょう。

専用のソフトを使って、スキャナーがあれば簡単に名刺のデータベースを作ることができます。このようにパソコンで管理をしておけば、いざという時にあちこち探す手間がいりません。