名刺の歴史について

世界各国のビジネスシーンでは欠かせなくなっている「名刺」ですが、そもそもいつから名刺が始まったのか気になりませんか?そんな名刺の歴史を紹介していきたいと思います。

始めに名刺が登場したのは、7~10世紀頃の中国が発祥だと言われています。さすが中国ですよね。いろいろな道具の発祥も意外に中国だったという事、多いですよね。中国の唐の時代に訪れた先が留守だった時に、自分の名前を竹の札に書いた事が期限だといわれています。他にも大切な行事に欠席する場合にも同じく名前入りの竹の札が活用されたそうです。

それからだいぶたって16世紀にヨーロッパでビジネスシーンで使われているような名刺が登場します。
中国では留守の時や欠席時にアピールする為でしたが、ヨーロッパでは社交界で名刺があったそうです。
その時に使用されていたヨーロッパでの名刺は、銅版画を入れた名刺が多く、今みたいに華やかなものではなく、シンプルな名刺が多く出回っていたようです。
サイズ的には今の名刺と変わらない大きさです。

それから18世紀にアメリカのビジネスシーンで使われるようになり、次第に日本のビジネスでも名刺が使われるようになりました
名刺は世界各国でも共通するビジネスアイテムです。みなさんも、自分の名刺って持っていますか?最近では、ビジネスマンだけの間だけでなく、主婦や子育てしているママさんの間でも名刺交換は行われるようになっています。

自分をアピールするにはとても便利で簡単なアイテムが名刺ですよね。

名刺はどんな場所で作れるのか?

自分の名刺欲しいですよね。ビジネスマンだけでなく、主婦の中でも名刺を持っている人はたくさんいますよね。

名刺はインターネットのショップや、実店舗でも作る事ができます。印刷専門店でも名刺は作る事ができますよね。ですが、パソコンを持っていれば作る事ができるってしっていましたか?
パソコン内にあるWordを使って名刺を簡単に作る事ができるのです。シンプルなものからカラフルなおしゃれな名刺までさまざまな名刺が作れます。Word以外にも名刺用の用紙を準備する事も忘れないでくださいね。プリンターがあれば全て家で完成します。

Wordのいろいろな使い方の知識が必要になってきますが、インターネットで「Word 名刺の作り方」などで検索すれば説明を見る事ができます。画像付きでの説明なので初心者でも楽に名刺を作る事ができます。
自分用の名刺を持っているだけでも友達が作れますし、たった一つしかない名刺なので良い気分にもなれますよね。

名刺はビジネスシーンだけでなく、いろいろな場所でも活躍してくれるアイテムです。自分をアピールするには名刺一つでも十分相手に伝わります。仕事面以外でも私生活でも名刺は活躍してくれる、昔から使われている画期的なアピール方法ではないでしょうか。

なんでビジネスマンは名刺を持っているのか?

多くのビジネスマンが自分をアピールしたり、自己紹介する際に活用するのが、「名刺」ですよね。なぜ、名刺が必要なのでしょうか。調べてみました。

そもそも名刺の目的としてはいろいろな理由があります。まずは、知り合いを増やす為、パートナーを探す目的、仕事を円滑に進めるなど。目的はそれぞれ違いがありますが、理由があります。

名刺はいろいろな場所で交換されますよね。みなさんも、セールスマンや初めて会った人から名刺を渡される機会もあるのではないでしょうか。そこで貰った名刺や、実際に自分が名刺を見る機会が多い人は気づくと思いますが、名刺にはいろいろな種類がありますよね。
名刺で以外にもできる人なのか、できないビジネスマンなのかわかると言われています。簡単に言えば、良い名刺を持っている人はできるビジネスマンだと言われています。

自分が貰うと目をひく名刺を持っている人には、少なからずシンプルな名刺よりも目を引きますよね。可愛い名刺であったり目をひくような名刺は企業名やその人も名前も覚えたという傾向が高いようです。
そんな名刺は、企業名や担当者名などいろいろな情報が見た目でわかります。ビジネスマンの間で名刺は、必要不可欠な必ず相手に受け取ってもらえる名刺なのです。活動する為には必要不可欠なビジネスアイテムとなっています。

現代では、インターネットでもおしゃれな名刺や格安名刺が作れますよね。会社が準備する名刺もありますが、他の人とは違う名刺を持っているという人は周りの人より1歩上をいくビジネスマンではないでしょうか。