なんでビジネスマンは名刺を持っているのか?

名刺多くのビジネスマンが自分をアピールしたり、自己紹介する際に活用するのが、「名刺」ですよね。なぜ、名刺が必要なのでしょうか。調べてみました。

そもそも名刺の目的としてはいろいろな理由があります。まずは、知り合いを増やす為、パートナーを探す目的、仕事を円滑に進めるなど。目的はそれぞれ違いがありますが、理由があります。

名刺はいろいろな場所で交換されますよね。みなさんも、セールスマンや初めて会った人から名刺を渡される機会もあるのではないでしょうか。そこで貰った名刺や、実際に自分が名刺を見る機会が多い人は気づくと思いますが、名刺にはいろいろな種類がありますよね。
名刺で以外にもできる人なのか、できないビジネスマンなのかわかると言われています。簡単に言えば、良い名刺を持っている人はできるビジネスマンだと言われています。

自分が貰うと目をひく名刺を持っている人には、少なからずシンプルな名刺よりも目を引きますよね。可愛い名刺であったり目をひくような名刺は企業名やその人も名前も覚えたという傾向が高いようです。
そんな名刺は、企業名や担当者名などいろいろな情報が見た目でわかります。ビジネスマンの間で名刺は、必要不可欠な必ず相手に受け取ってもらえる名刺なのです。活動する為には必要不可欠なビジネスアイテムとなっています。

現代では、インターネットでもおしゃれな名刺や格安名刺が作れますよね。会社が準備する名刺もありますが、他の人とは違う名刺を持っているという人は周りの人より1歩上をいくビジネスマンではないでしょうか。

 

社会人と名刺について

 

社会に出て働くようになると色々な物が必要になってきます。特に外回りに出る事の多い営業さんや渉外や総務と言った人と接する事の多い人は沢山の名刺が必要となります。今までの名刺は相手に自分の立場を紹介するだけですが近年の名刺事情は大きく変わりつつあります。

なぜ大きく変わりつつあるのかと言いますとパソコンとインターネットの普及によって簡単に自分で名刺やカードが作れるようになったからです。一昔前は会社で配られる物でしたが今では簡単に自分で作る事が出来、自分で作れるという事は今までの名刺とは違う個性のあるものを作る事が可能になりました。営業や渉外にとって大事な事はビジネス相手に如何に自分を売り込めるかに掛かっています。

単に名刺を渡すだけでは相手に伝わる事は中々難しい、そういう事情から名刺も個性をつけたり一緒にカードを渡す事によって他の人とは違うという事をアピール出来ます。ビジネス相手にちょっと違うなと思わせるだけでも効果があると言え、最近の若いビジネスマンはカードをこうやって活用する人が増えています。今現在営業で何かアピールを強くしたいと考えている人がいたら試しに名刺に少し工夫をして渡してみても良いのではと思います。

 

名刺はビジネスマンのマストアイテムです。

 

日本のビジネスマンの仕事にとって欠かす事のできないのが名刺です。仕事に先立ち必ず行われるのが名刺交換です。この交換にも決まりがあり、失礼のないようにしたほうがスムースに今後の仕事ができるようになります。営業職の場合には、人に合うことが仕事なので名刺は沢山もっていなければなりません。会社で支給される場合がほとんどで、社章が入りレイアウトや字体まで決まっている場合が多くあります。

小さな会社などでは、自分で作る場合があります。そのため名刺用のプリンタ用紙が多くの種類販売されています。そして名刺印刷のソフトもあるので、自分で楽しみながら造ることができます。最近では省エネのためでしょうか、紙質が薄いものが好まれているようです。

そして、写真入りやQRコードなどをつけたものも見られます。個性溢れる名刺ですが、こまめな管理が必要で、ちょっとさぼってしまうと整理が大変です。新しく名刺をもらったら、その日のうちにパソコンで整理をしておきましょう。

専用のソフトを使って、スキャナーがあれば簡単に名刺のデータベースを作ることができます。このようにパソコンで管理をしておけば、いざという時にあちこち探す手間がいりません。