名刺の歴史について

世界各国のビジネスシーンでは欠かせなくなっている「名刺」ですが、そもそもいつから名刺が始まったのか気になりませんか?そんな名刺の歴史を紹介していきたいと思います。

始めに名刺が登場したのは、7~10世紀頃の中国が発祥だと言われています。さすが中国ですよね。いろいろな道具の発祥も意外に中国だったという事、多いですよね。中国の唐の時代に訪れた先が留守だった時に、自分の名前を竹の札に書いた事が期限だといわれています。他にも大切な行事に欠席する場合にも同じく名前入りの竹の札が活用されたそうです。

それからだいぶたって16世紀にヨーロッパでビジネスシーンで使われているような名刺が登場します。
中国では留守の時や欠席時にアピールする為でしたが、ヨーロッパでは社交界で名刺があったそうです。
その時に使用されていたヨーロッパでの名刺は、銅版画を入れた名刺が多く、今みたいに華やかなものではなく、シンプルな名刺が多く出回っていたようです。
サイズ的には今の名刺と変わらない大きさです。

それから18世紀にアメリカのビジネスシーンで使われるようになり、次第に日本のビジネスでも名刺が使われるようになりました
名刺は世界各国でも共通するビジネスアイテムです。みなさんも、自分の名刺って持っていますか?最近では、ビジネスマンだけの間だけでなく、主婦や子育てしているママさんの間でも名刺交換は行われるようになっています。

自分をアピールするにはとても便利で簡単なアイテムが名刺ですよね。

 

名刺の持つ意味と目的

名刺はビジネスシーンで必ずといって良い程必要となり、社会人であれば当り前のように使われているアイテムです。名刺を使う目的は、まず一つ目に自分の情報を正確に伝えることです。情報とは氏名、身分、アドレスや連絡先など最も基本的な情報となります。二つ目に、人脈のきっかけ作りが挙げられます。会社で優秀な成績を収めるビジネスマンは、幅広い人脈を持ちます。人脈は仕事を成功させるチャンスのきっかけとなることもあるため、優秀なビジネスマンは積極的に名刺交換を行っています。

他の分野の方との交流や幅広い年代の方との交流は仕事のみならずプライベートでも味方となり、力になってくれるでしょう。三つ目はスムーズな仕事を送るためです仕事ではまず、商談や面接など、外部の方とコンタクトする際にはお互いの名前、身分などの情報交換から始まるため、必要な情報とされる社名、身分、氏名、電話番号、メールアドレス、勤務地などを記載しておかなければなりません。

名刺には様々なデザインがありますが、オリジナリティのある工夫をし、印象に残りやすくすることが重要となります

 

名刺や名刺のデザインがビジネスパーソンにとっては一つの個性

社会人になると名刺交換の場面が多くあります。通常は取引相手や社外の人で何らかの接点を持つ人への最初のあいさつのときに渡すことが多いのではないでしょうか。しかし、普通の名刺では最初のあいさつの時に自己紹介として渡した後は、そのまま相手の名刺収納ケースに入れられて忘れ去られてしまいます。その後継続的な取引がある場合や頻繁に会う機会がある場合はそれでよいのかもしれませんが、営業などをしている人にとってはそれでは名刺の意味をなしません。相手にいかに印象付けるかということが重要です。そのために名刺のデザインはとても重要なものになると思います。

よく見かけるものは白地に名前や会社名、役職等が黒で印字されており、会社のロゴや名称に色が使われているものが一般的です。それでは他と同じで、その人に相当なインパクトがない限り相手の印象に残りません。しかし、普通の名刺と異なる色や形、紙の質、手触りが違っていたりするとそれだけで目を引きます。名刺のデザインがおしゃれだとそれだけで印象に残ることもあるしょう。普通にデザインされたものを渡すより印象付けることが出来ると思います。名刺はビジネスパーソンにとってビジネスツールの一つとして重要な役割をはたすものだと思います。他と違う名刺を持つのも個性があってよいのではないかと思います。