名刺はどんな場所で作れるのか?

自分の名刺欲しいですよね。ビジネスマンだけでなく、主婦の中でも名刺を持っている人はたくさんいますよね。

パソコン名刺はインターネットのショップや、実店舗でも作る事ができます。印刷専門店でも名刺は作る事ができますよね。ですが、パソコンを持っていれば作る事ができるってしっていましたか?
パソコン内にあるWordを使って名刺を簡単に作る事ができるのです。シンプルなものからカラフルなおしゃれな名刺までさまざまな名刺が作れます。Word以外にも名刺用の用紙を準備する事も忘れないでくださいね。プリンターがあれば全て家で完成します。

Wordのいろいろな使い方の知識が必要になってきますが、インターネットで「Word 名刺の作り方」などで検索すれば説明を見る事ができます。画像付きでの説明なので初心者でも楽に名刺を作る事ができます。
自分用の名刺を持っているだけでも友達が作れますし、たった一つしかない名刺なので良い気分にもなれますよね。

名刺はビジネスシーンだけでなく、いろいろな場所でも活躍してくれるアイテムです。自分をアピールするには名刺一つでも十分相手に伝わります。仕事面以外でも私生活でも名刺は活躍してくれる、昔から使われている画期的なアピール方法ではないでしょうか。

 

名刺を安く、キレイに印刷するために

会社の経費削減は、いまでは常識です。無駄をなくしてスリムな経営をするのが優良な会社のスタイルです。ただ、無駄をなくすといっても削減できないものもあります。会社の社員の名刺などは、必要なもののひとつですが、製作する代金もたくさん作れば、それなりの経費負担になります。いままでの印刷業者などに注文していたものとグレードを変えずに、なるべく低価格で高品質に印刷されたものなら経費負担を軽減できます。そのようなニーズに応えるのが、低価格で高品質な印刷を可能にしているWeb通販サイトです。

利用方法は、サイトに用意されたバラエティーに富んだ数多くのテンプレートの中から会社のイメージに合った好みのものを選び、会社名、部署、名前、電話など必要な項目を入力するだけでWEB上で簡単に注文が可能です。印刷業者などで用いるオフセット印刷は、高品質で綺麗な仕上がりの印刷ですが、価格は高くなります。Web通販サイトでは、コスト削減のためにオンデマンド印刷機を用いることでオフセット印刷に迫る高品質な印刷を可能にしています。

また、会社のようなオフィシャルな使用とは違い、プライベートな場面でも自己紹介などで名刺を使用することもあり、個人で注文する場合でもWeb通販サイトなら印刷枚数が少なくても低価格なため利用しやすいメリットがあります。

 

名刺を作成する際のポイント

名刺作成のポイントは、まず名前がわかりやすいことです。大きく太い字が読みやすい。小さくて細い字ははっきり言って、他の名刺に混じってしまうとわからなくなります。相手にどういう印象を与えたいかで文字フォントを検討しましょう。きっちりとした印象であればゴジックが良いです。しかし、やわらかい、やさしい印象を与えたいと思えば、ポップ体がおすすめです。ただ、そういう字体は稚拙に見えることもあるため、慎重に選びましょう。

電話番号が大きいのは、連絡しようと思わせるのにとても有効です。連絡したいと思ったときに、名刺に大きく電話番号が載っている名刺はとてもありがたいです。特に年齢を重ねてくると、数字が読みにくくなる。3と8の区別がしにくくなるので大きい文字であるとそういう不便さを感じさせなくなります。

そういう見る人にやさしい名刺は、よい印象を与えます。そして、会社のイメージもよくなります。ちょっとした配慮の積み重ねが成功の鍵ではないでしょうか。